フォートナイトがUnreal Engine 5.1に移行。Nanite、Lumen、仮想シャドウマップ、テンポラル スーパー解像度に対応

2022.12.05
ニュースフォートナイトアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 5の多数の機能をUnreal Engine 5.1を通じ、フォートナイト バトルロイヤルに搭載
  • Nanite、Lumen、仮想シャドウマップ、テンポラル スーパー解像度が利用可能に
  • PlayStation 5、Xbox Series X|S、クラウドゲーミング版のフォートナイトで対応

Epic Gamesは、フォートナイト バトルロイヤル チャプター4 シーズン1リリース、およびUnreal Engine 5の多数の機能をUnreal Engine 5.1を通じて搭載したことを発表しました。

今回のアップデートにより、NaniteLumen仮想シャドウマップテンポラル スーパー解像度ど、Unreal Engine 5の機能がフォートナイトのバトルロイヤルで利用可能になりました。

各機能の概要は以下の通り。

Nanite

ポリゴン数の制限なく高密度なオブジェクトをリアルタイムに扱うシステムです。 樹木はそれぞれ300,000ポリゴンほど、建築物は数百万のポリゴンでレンダリングされており、建築物や自然の風景を高精細に映します。

Lumen

リアルタイムでの自然なライティング表現を可能にするシステムです。 光沢のある素材や水面における高品質のレイトレーシング反射や、絨毯の赤色がコスチュームに反射するなど、キャラクターが周囲のライティングの影響を受けるようになっています。

仮想シャドウマップ

非常に高解像度のシャドウマップをパフォーマンス、メモリ使用量を抑えつつ使用するシステムです。 この機能により、れんが、葉、そしてモデリングされたディテールは影を落とすようになり、キャラクター自身の影も極度に正確に描画されます。

テンポラル スーパー解像度(TSR)

プラットフォームに依存しないアップサンプリングシステムです。 低解像度でレンダリングしたものにアンチエイリアシングを行うことで、高品質なビジュアルを高フレームレートで実現します。

また、今回のアップデートを適用した画面の例示も公開されています。

(画像はニュースリリースより引用)

(画像はニュースリリースより引用)

(画像はニュースリリースより引用)

(画像はニュースリリースより引用)

Nanite、Lumen、仮想シャドウ マップ、テンポラル スーパー解像度は、PlayStation 5、Xbox Series X|S、PC、クラウドゲーミング版のフォートナイトで利用できます。ただし、PlayStation 5やXbox Series X|S版では、「120FPSモード」をオフにする必要があります。

そうした設定やOSのサポートに関するFAQ、その他の詳細は、ニュースリリースをご確認ください。

ニュースリリース

関連記事

「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
Unreal Engine向けゲーム制作コンテスト『第21回UE5ぷちコン』開始!テーマは「おす」。応募締切は4/7(日)
2024.02.16
揺れ物を手軽に「かわいく」揺らせる疑似物理プラグイン「KawaiiPhysics」がアップデート。ボーン間の距離を維持して、モデルのスカート貫通問題を緩和しやすく
2024.02.12
「Unreal Engine」2024年2月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!Steam APIを活用したブループリントアセットや、ファンタジックなインテリアを集めた環境アセットなど
2024.02.07
世界6か国で行われるアンリアルエンジン公式イベント『Unreal Fest 2024』の開催日が決定。『UNREAL FEST 2024 TOKYO』は11/2(土)に開催される
2024.02.02

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!