Apple Pencilで操作しやすいiPad用リトポロジーアプリ『CozyBlanket』、2.0にアップデート

2022.11.10
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • iPadアプリ『CozyBlanket』が2.0にアップデート
  • 主なアップデート項目は6つ
  • 編集したモデルを同期するBlenderアドオンも提供

Sparseal社は、iPad用アプリ『CozyBlanketを 2.0にメジャーアップデートしました(最新は2.0.2)。

『CozyBlanket』は、iPadでリトポロジー、UVアンラップ、パッキング、ベイクを行えるアプリです。Apple Pencilをはじめ、スタイラスペンで操作しやすいよう、スタイラスペン用のジェスチャー機能が搭載されている点などを特徴としています。

今回の主なアップデートは、以下の6点です。

  • リトポロジー、UV、ベイクが異なる「ステージ」に区分けされ、各タスクを作業しやすいUIで構成されている
  • アクティブなステージに関連する、異なるデータを表示するためのマルチビューポートのサポート
  • ターゲットメッシュが、スムースシェーディングと頂点カラーをサポート
  • TargetとEditMeshコンポーネントごとに、見やすく表示する設定が追加
  • 新しいテーマとオーバーレイのカラーパレットが追加され、コントラストが向上
  • ワイヤーフレームレンダリングの高速化

また、『CozyBlanket』で編集したモデルをデスクトップと同期するためのPythonネットワークAPIBlender用のアドオン、ZBrush用のプラグインも提供されています。

なお、『CozyBlanket』はiPadOS 15.0以降で動作。アプリ本体は無料ですが、データの出力や追加機能は有料です。

データの出力機能は「Lite」(3,200円)、すべての機能は「Standard」(14,800円)で提供されている(画像は『CozyBlanket』のスクリーンショットより)

『CozyBlanket』については公式サイトを、アップデートの詳細はCozyBlanket 2.0.0 リリースノートをご確認ください

『CozyBlanket 2.0.0』リリースノート『CozyBlanket』公式サイト『CozyBlanket』App Storeページ

関連記事

『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05
モノリスソフト、異なるDCCツール間で3Dシーンを共有する「MaterialX」「OpenUSD」の活用方法をブログ記事で解説
2024.07.01
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!