Gotcha Gotcha Gamesが「RPG Maker Unite」の開発日記第3弾を発表。キャラクターアニメーションやタイルセット周りの変更点を公開

2022.05.27
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Steamの公式ページで「ツクール」シリーズ最新作「RPG Maker Unite」の開発日記続報が公開
  • キャラクターアニメーションの仕様変更、タイルマップ関連の新機能などが搭載
  • 次回の開発日記は6月下旬の公開を予定している

2022年5月27日、Gotcha Gotcha Games公式は「RPG MAKER® UNITE」の新情報をSteamページにて公開しました。

RPG Maker Uniteはゲーム制作ツール「RPGツクール」シリーズの最新作です。本作からUnity上で動作する仕様となり、2022年内に発売が予定されています。開発情報は「RPG Maker Unite開発日記」としてSteam上で公開されており、今回で3回目の更新になります。

今回の更新では、RPG Maker Uniteの新要素としてキャラクターアニメーションの仕様変更、タイルマップ関連の新機能、グラフィック仕様の変更、過去のRPG Maker素材の流用についてなどが紹介されています。

キャラクターアニメーション素材の仕様変更

RPG Maker Uniteでは歩行などのキャラクターアニメーションに仕様変更が加えられています。

従来の歩行アニメーションは1枚の画像で管理されており、サイズやコマ数に制限がありました。これをRPG Maker Uniteでは、モーションごとにファイルを分割して管理する方法に変更。上限はあるもののファイルサイズは自由となり、コマ数の制限も撤廃されています。これにより、上下左右それぞれで任意のコマ数でアニメーションさせることが可能になり、歩行アニメーション制作の自由度が上がりました。

また、上下左右以外の新たな歩行モーションパターンとして「フィールドダメージ」が追加されています。

従来は1枚の画像で歩行アニメーションを管理。コマ数も3コマと決まっていた

RPG Maker Uniteではモーションごとに個別管理する方法に変更。1024×1024を超えなければコマ数の制限も撤廃された

また、サイドビュー戦闘のモーションについても全18種類の個々のモーションパターンに分割され、戦闘画面の表現幅が広がりました。

タイルデータ登録とタイルグループ

タイルによるマップ制作にも変更が加えられています。以前はデータベースからあらかじめ複数のタイルが敷き詰められた画像を数枚「タイルセット」として選び、そこからタイルを追加していく形式でした。このため、異なる画像のタイル素材を組み合わせて使いたい場合には素材自体を加工する必要があり、タイルセットの画像を変更すると配置済みのタイルまで見た目が変わってしまうなどの問題がありました。

以前のタイルセットのエディター画面

RPG Maker Uniteではまず画像ではなくタイル単位で「タイルデータ登録」を行い、登録したタイルの中から複数枚を「タイルグループ」でパレット化できます。

タイルグループを読み込むことにより、ライブラリで使用するタイルの候補を切り替えながらのタイルマップ作製が行えるようになりました。画像単位からタイル単位でのデータに切り替わったことにより、以前のタイルセットが持っていた欠点を克服しています。

データベースからタイル単位で画像を読み込んで登録

登録されたタイル画像から、更にタイルグループに登録。これによりタイル候補としてパレット化できる

その他の変更点

他にも、フルHDへの対応や過去のRPG Makerに収録されている素材の利用についての注意点などが紹介されています。

過去のRPG Maker収録素材は規約の範囲内でRPG Maker Uniteで使用することができるが、画像のサイズ規格が違うのでリサイズや微調整を行う必要がある。リサイズを行えるツール「ぴくせるすけゐらぁ」は今後公式外部ツールの1つとなる予定とのこと

次回の開発日記は6月下旬に掲載が予定されています。気になる機能などがあれば、Twitterのハッシュタグ #RPGMakerUnite を使用して投稿をして欲しいとのことです。

「RPG Maker Unite」開発日記 第3回「RPG Maker Unite」公式サイト

関連記事

Unity 10月前半のイベント情報まとめが公開。『ゼロから始めるUnity勉強会 Vol.2 -animation編-』などオフライン・オンラインイベントが多数開催
2022.09.30
Intel® Innovation基調講演でインテルの新しい製品、サービスが発表。『第13世代インテル®Core™プロセッサー』の詳細などが明かされる
2022.09.29
Unreal Engine 5学習向けゲーム制作コンテスト 「第18回UE5ぷちコン」の受賞者が発表 !700作品以上の中から最優秀賞含む受賞作8作品が決定!
2022.09.29
Pro Toolsの無償版『Pro Tools Intro』がリリース。8トラックまでの音楽制作や効果音などの波形編集、録音が可能な万能DAW
2022.09.29
Epic GamesとAutodeskが提携を発表!BIMソフト『Revit』ユーザーは『Twinmotion』が無料で使用可能に!
2022.09.29
月に1度のゲームクリエイター交流イベント「Tokyo Indies」が復活。次回開催は10月19日、プレゼンタイトルも募集中
2022.09.28

注目記事ランキング

2022.09.25 - 2022.10.02
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
3
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
4
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
5
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
6
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローカル座標
ローカルザヒョウ 各オブジェクトの原点を基点とした座標系における、特定の一点を示した座標。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!