State of Unreal 2022で公開された「Upgrading your UE4 Project to UE5」に日本語字幕が登場。UE4からUE5へのプロジェクトのアップデート方法の詳細を紹介

2022.05.16
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 4(以下、UE4)のプロジェクトをUnreal Engine 5(以下、UE5)のプロジェクトにアップデートするための動画
  • UE4で構成されたシーンをUE5の新機能を使い再構成する際のワークフローを解説
  • UE5で削除された機能やサポートされていない機能など注意すべき点も紹介

UE4からUE5へのプロジェクト移行方法をまとめた動画「Upgrading your UE4 Project to UE5」に日本語字幕が登場しました。

この動画は2022年4月6日に「State of Unreal 2022」で公開されたEpic Games公式の動画です。

動画内ではUE5に移行する利点としてLumenNanite、仮想シャドウマップなどの魅力的なレンダリング機能が使えることを挙げています。実例として、マーケットプレイスのMegascansアセット「Megascans Abandoned Apartment(廃墟アパート)」のUE4.27バージョンをUE5.0にアップデートする手順を解説しています。

UE4.27からUE5.0に移行したばかりの「Megascans Abandoned Apartment」の画面。

UE5.0でLumenやNaniteを使用し再構築された同じシーンの画面。動画ではここから更にLumenを最適化する。

Lumenを使用したライティングに関して、グローバルイルミネーション設定をLumenに変更し、その後にSky AtmosphereSky LightDirectional Lightなどを使って新たなライティング環境を構築する手順を紹介しています。

Lumenでのライティングに移行することで、ベイクすることなく自由自在にライトの方向を変えられる。Lumenの強みの一つだ。

Naniteに関しては、プロジェクト内の変換可能なメッシュを一括で検索・変換できる機能「Nanite Tool」が解説されています。

メッシュごとにNanite設定を行うのはメッシュが多数あるプロジェクトの場合かなりの手間だが、「Nanite Tool」使用すれば一括変換できる。

他にも、CascadeWorld Compositionなどの廃止予定のレガシー機能を、代替となるNiagaraWorld Partitionに変換することの必要性に言及しています。

また、これまで非推奨とされていた複数の機能がUE5では廃止されたため、UE4から変換した際にプロジェクト固有の問題が発生する可能性があります。その対応策として、「Map Check Tool」などの機能を使用して問題箇所を把握する方法も紹介しています。

問題把握の機能の1つ「Map Check Tool」。マップに問題が起きている場合、それをメッセージログに出力できる。

「Upgrading your UE4 Project to UE5」公式動画

関連記事

ヒストリア、日本で唯一「Unreal Engine サービス パートナー プログラム」で「ゴールド ステータス」を獲得。Epic Gamesが定める技術支援プログラム
2024.04.11
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
UE5で流体シミュレーションを行うプラグイン「Niagara Fluids」の公式チュートリアル4点が公開。波立つ水面や煙の揺れを表現可能
2024.04.06
「Unreal Engine」2024年4月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!森の中の村を表現できるクレイ風アセットパック、ゴーレムのリグ付き3Dモデルなど
2024.04.03
「猫でもわかる UE5 シーケンサー自動生成!」など、「Unreal Engine Meetup in Nagoya Season2 Vol.1」の講演で使われたスライド資料が公開
2024.03.29
Unreal Engine 5.4 Preview 1がリリース。アニメーション制御の新機能「Motion Matching」などが導入
2024.03.21

注目記事ランキング

2024.04.07 - 2024.04.14
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
14
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
15
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
23
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!