State of Unreal 2022で公開された「Upgrading your UE4 Project to UE5」に日本語字幕が登場。UE4からUE5へのプロジェクトのアップデート方法の詳細を紹介

2022.05.16
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 4(以下、UE4)のプロジェクトをUnreal Engine 5(以下、UE5)のプロジェクトにアップデートするための動画
  • UE4で構成されたシーンをUE5の新機能を使い再構成する際のワークフローを解説
  • UE5で削除された機能やサポートされていない機能など注意すべき点も紹介

UE4からUE5へのプロジェクト移行方法をまとめた動画「Upgrading your UE4 Project to UE5」に日本語字幕が登場しました。

この動画は2022年4月6日に「State of Unreal 2022」で公開されたEpic Games公式の動画です。

動画内ではUE5に移行する利点としてLumenNanite、仮想シャドウマップなどの魅力的なレンダリング機能が使えることを挙げています。実例として、マーケットプレイスのMegascansアセット「Megascans Abandoned Apartment(廃墟アパート)」のUE4.27バージョンをUE5.0にアップデートする手順を解説しています。

UE4.27からUE5.0に移行したばかりの「Megascans Abandoned Apartment」の画面。

UE5.0でLumenやNaniteを使用し再構築された同じシーンの画面。動画ではここから更にLumenを最適化する。

Lumenを使用したライティングに関して、グローバルイルミネーション設定をLumenに変更し、その後にSky AtmosphereSky LightDirectional Lightなどを使って新たなライティング環境を構築する手順を紹介しています。

Lumenでのライティングに移行することで、ベイクすることなく自由自在にライトの方向を変えられる。Lumenの強みの一つだ。

Naniteに関しては、プロジェクト内の変換可能なメッシュを一括で検索・変換できる機能「Nanite Tool」が解説されています。

メッシュごとにNanite設定を行うのはメッシュが多数あるプロジェクトの場合かなりの手間だが、「Nanite Tool」使用すれば一括変換できる。

他にも、CascadeWorld Compositionなどの廃止予定のレガシー機能を、代替となるNiagaraWorld Partitionに変換することの必要性に言及しています。

また、これまで非推奨とされていた複数の機能がUE5では廃止されたため、UE4から変換した際にプロジェクト固有の問題が発生する可能性があります。その対応策として、「Map Check Tool」などの機能を使用して問題箇所を把握する方法も紹介しています。

問題把握の機能の1つ「Map Check Tool」。マップに問題が起きている場合、それをメッセージログに出力できる。

「Upgrading your UE4 Project to UE5」公式動画

関連記事

フォートナイト チャプター4にLumenを適用した効果は?Epic Gamesが解説記事を公開
2023.02.03
UE5.1で開発されているフォートナイトで、Naniteはどう活用されているのか。Epic Gamesが解説記事を公開
2023.02.02
イチから教えるUE標準サウンド機能の使い方ーー初歩的なSEの鳴らし方から3Dサウンドの適用方法までを動画付きで解説
2023.01.31
『UE5 おそらく知られていない35の機能』動画に日本語字幕が追加。Epic Gamesのエバンジェリストがわかりやすく機能を説明
2023.01.31
『ヴァルキリーエリュシオン』世界観を彩るグラフィックス表現と開発工数抑制のための大胆な施策はいかにして成し遂げられたか【UNREAL FEST WEST ’22】
2023.01.30
ビルが崩れ、破片が舞う。スクウェア・エニックスとEpic Games Japanが送る、Chaos Destructionを活用したリアルタイム破砕とNiagara FluidによるVFX制作ノウハウ【UNREAL FEST WEST ’22】
2023.01.27

注目記事ランキング

2023.01.30 - 2023.02.06
1
フォートナイトがv23.20にアップデート!「ファルコンスカウト」が新たに追加されたほか、全ての島でゲーム終了後の演出設定が可能に
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
フォートナイトがv23.30にアップデート!「バジェット超過編集」や「クラウドボリューム」など、クリエイティブモードで多くのアップデート
5
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
6
Epic Games、フォートナイトで動作する新たな専用エディターを2023年3月末頃までにリリース予定であることを報告
7
フォートナイトがUnreal Engine 5.1に移行。Nanite、Lumen、仮想シャドウマップ、テンポラル スーパー解像度に対応
8
フォートナイトがv23.00にアップデート!クリエイティブモードにおける仕掛けが大幅アップデート、バトルロイヤルモードは新チャプターへ
9
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
フォートナイトがv23.10にアップデート!イベントブラウザの追加による島制作の効率化、当たり判定カプセルの縮小化など
12
iPhoneやAndroidから『フォートナイト』がプレイ可能に。マイクロソフトのクラウドサービスXbox Cloud Gamingが提供開始
13
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
14
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
15
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
16
フォートナイトがv22.40にアップデート!クリエイティブモードにてクリエイター用の仕掛け「クラスセレクターUI」などが登場
17
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
18
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
19
フォートナイトがv22.20にアップデート!クリエイティブモードに新しいイベントシステム「ディレクトイベントバインディング」が追加
20
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
21
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
22
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
23
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
24
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
25
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
26
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
27
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ライトニングトーク(LT)
ライトニングトーク 5分ほどの短い時間で区切って行うプレゼンテーションの手法。2000年ごろから浸透した手法で、技術カンファレンスや勉強会で行われることが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!