Maxonがサブスクリプションサービス『Maxon One』の機能を強化、すべてのMaxon製品が含まれるように

2022.04.25
ニュースツール紹介
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 2022年4月20日、MaxonがMaxon Oneの機能強化を行うことを発表
  • Maxon Oneはサブスクリプション価格はそのままに、Cinema 4Dなどクリエイター向けソフトウェアが利用可能に
  • ZBrushは昨年12月にMaxonファミリーのソフトウェアに

2022年4月20日、Maxonは公式ページで自社の提供するサブスクリプションサービスMaxon Oneの機能強化を行うことを発表しました。

Maxon One』はこれまでのサブスクリプション価格はそのままにに、新たに同社のクリエイター向けソフトウェアであるCinema 4DRedshiftRed GiantUniverse・Forger・ZBrushが利用可能になるとのことです。

画像はZBrush公式サイトから引用

新たに追加された『ZBrush』はPixologicが開発したデジタル分野で最先端の3Dスカルプトソフトウェアで、スカルプトするブラシをユーザーがカスタマイズできる機能があることが特徴です。昨年にMaxonPixologicの資産の買収契約を締結したため、現在はMaxonファミリーの1つとなっています。

また、同時にNAB2022におけるプレゼンテーションと各ソフトウェアのアップデートなども発表されています。

Maxon One 公式サイト

 

以下、プレスリリースからの引用です。


ドイツ、フリードリヒスドルフ–(BUSINESS WIRE)–エディター、映画制作者、モーションデザイナー、視覚効果アーティスト向けのプロフェッショナルなソフトウェアソリューションを開発するMaxonは、本日すべてのMaxon製品がお得なサブスクリプションに含まれるようになったことを発表しました。Cinema 4D、Redshift、Red Giant、Universe、Forger、そして昨年12月に買収したZBrushが、Maxon Oneにすべて含まれ、手頃な価格はそのままで利用できます。さらに、Maxonは2022年春の製品アップグレードを発表し、驚くほどの新機能と機能強化が含まれています。この複数の製品に対する多くの機能アップデートは、Maxon Oneに対して一貫した製品開発と優れた価値を提供するというMaxonのコミットメントを改めて示すものです。

 

「私たちの目標は、アーティストがあらゆる次元で創造するための先駆的なテクノロジーとワークフローを提供することです。Maxonのすべてのクリエイティブツールに及ぶこの大規模なアップデートは、Maxon Oneに素晴らしい価値と創造的な表現の機会をともに提供するものとなっています」(Maxon CEO  David McGavran談)

 

NAB 2022とThe 3D and Motion Design ShowでMaxon Oneをご覧ください。

Maxonでは、2022年4月24日~27日に開催されるNAB2022の自社ブース(#N5920)において、業界を代表するアーティストによる独占プレゼンテーションを実施します。展示会に参加できない方のために、プレゼンテーションは3DMotionShow.comで同時にストリーミング配信される予定です。

 

Maxon One製品のエキサイティングな新機能とアップグレードは以下の通りです:

Cinema 4D S26: 今回の大きなポイントは、Redshift CPUとZBrushの自動リトポロジーツールの追加など、Maxonファミリーの最高の技術でワークフローが統一されたことです。Cinema 4D Subscription Release 26では、モデリング、アニメーション、シミュレーション、レンダリングの3Dワークフロー全体が強化されました。

 

Redshift: あらゆるところでRedshiftを。Redshift CPUの初期リリースにより、ユーザーはRedshiftの強力なマテリアルとレンダリングをあらゆるシステムで利用でき、Houdini、Maya、3ds max、Blender、Katana、Vectorworks、Archicadなど増え続けるクリエイティブツールで利用できるようになりました。新しいRedshift Standardマテリアルは使いやすく、フォトリアリズムを向上させる多様なシェーディングモデルを提供します。

 

Red Giant:

  • VFX Suite 3に含まれるReal Lens Flaresは、シミュレーションされた光学モデルとレイトレースされた光に基づいています。この技術プレビューは、私たちのアーティスティックコミュニティの参加によって進化していきます。
  • Magic Bullet Suite 16 は、Looksにハレーション、光学ディフュージョンが追加され、OpenColorIOもサポートされました。
  • Trapcode Suite 18 は、全てのTrapcodeのツールがM1サポートし、Particularでレイヤーマップがサポートされました。

 

Universe: Universe 6は、アーティストのワークフローをよりクリエイティブにするための新しいオプションを提供するエキサイティングなツールを追加しています。Sketchifyはスケッチやトゥーン風のエフェクトを映像に追加します。ChromaTownは色収差のストリークやブラーを作成してゆがんだルックやトランジションを実現。Box Bokehは四角やダイヤモンド型のレンズボケエフェクト、Stretch Transitionはクリップ間のクロスフェードをストレッチしてゆがんだようにトランジションさせることが可能です。70以上の新しいプリセットと組み合わせて、Universe 6は、アーティストが楽しく直感的な方法で印象的な結果をすばやく得られるようサポートします。

 

Forger: Forgerの最新バージョンは、3Dアーティストに強力なハードサーフェスモデリング機能を提供するというMaxonの計画の第1段階としてのリリースになります。Forgerは、Cinema 4Dのポリゴンのベースとして平面、立方体、球体、円柱、トーラス、ピラミッド、カプセル、オイルタンクなどのポリゴンプリミティブを提供します。

 

Maxon Oneサブスクリプションご契約者の方は、すべての製品アップデートをMaxon Appから即座にダウンロードできます。また、Maxon Oneの全製品の14日間試用版をMaxon Appからダウンロードし、Maxon製品群全体の素晴らしい新機能を皆様ご自身で体験できます。

 

詳細は、 maxon.netをご覧ください。

 

Maxonについて

 

Maxonは、2Dおよび3Dデザイン、モーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト、ビジュアライゼーションに携わるコンテンツクリエイター向けに、強力かつ親しみやすいソフトウェアソリューションを提供しています。Maxonの革新的な製品ラインナップは、アーティストがクリエイティブなワークフローを加速させるのに役立ちます。当社の製品には、3Dモデリング、シミュレーション、アニメーション技術を備えた数々の受賞歴のあるCinema 4D、いつでも創作ができるモバイルスカルプトアプリのForger、革新的な編集、モーションデザイン、映画制作ツールの多様なランナップのRed Giant、最先端で非常に速いRedshiftレンダラー、業界標準のデジタルスカルプトおよびペイントソリューションであるZBrushがあります。

 

Maxonのチームは、アーティスティックなコミュニティを構築し、成功に導くことを信条とする、楽しくて情熱的な人々で構成されています。人気の高いイベントから無料の教材であるCineversityまで、Maxonは、クリエイターとの強いつながりを築き、彼らのプロとしての成長を促すことが、業界のトレンドを把握し、よりよいサービスを提供するために不可欠であると認識しています。

 

Maxonは、 Nemetschek Groupの一員です。

プレスリリースはこちら

関連記事

UnityのURPを解説した無料の公式電子書籍がアップデート。デカールや「Fullscreen Shader Graph」などのセクションを追加
2024.02.23
Valve、2023年のSteamを振り返る記事を公開。500本以上のゲームが総収益約4億5,000万円以上を記録
2024.02.23
2.4GHz無線接続&肉抜きなしで56gのゲーミングマウス「VM501」、エレコムから登場。「かぶせ持ち」「つまみ持ち」に最適化された形状を採用
2024.02.22
VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
東京・吉祥寺で開催されるインディーゲームイベント『TOKYO INDIE GAMES SUMMIT 2024』、ステージプログラムなどの詳細が発表
2024.02.21

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!