ライブゲーム開発環境『Mirrativ Connect for Developers』が提供開始、開発者向け説明動画も公開される

2022.04.20
ニュース公開資料まとめ
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • ライブゲーム開発環境Mirrativ Connect for Developerが提供開始

  • Mirrativ内ではライブゲーミング関連の売上が月間1億円を突破

  • 企画に応じて開発費用をサポートするキャンペーンを実施

ゲーム配信サービス「Mirrativ」を運営するミラティブは、ライブゲーム開発環境とゲーム開発用のAPIを含む「Mirrativ Connect for Developers」の提供を開始しました。

ライブゲームとは、配信中のゲームに視聴者が介入や参加できるゲームとライブ配信が融合した次世代のゲーム体験です。従来のライブ配信のようにコメントやギフトを送るのではなく、実際に配信者がプレイしているゲームに参加して一緒にプレイすることや、ゲームに対して影響を与えるアイテムを送ることができます。海外では、スタートアップ企業が大型調達を行うなど、世界的にも注目が集まっています。

ミラティブでのライブゲーム開発にはUnityを用います。そのため、Unityを使用している開発者であればすぐに開発を始めることが可能です。「Mirrativ Connect for Developers」で提供されているAPIは、今後要望に沿って種類が増えていく予定です。開発者向けにライブゲーム開発について説明動画が公開されています。

ミラティブは、ライブゲーム開発のポイントとして、低開発費ながら大きな成果を得られる可能性があるとし、「エモモバトルドロップ」を実例にあげています。また、ミラティブでは企画に応じて開発費用をサポートするキャンペーンを行っています。

その他の開発事例

エモモランあーるぴーじー
ユーザー介入型のランゲーム。視聴者は、勝敗に影響するアイテムを贈ることができるため、配信者と視聴者の一体感をより強く感じられます。

ライブゲーム開発のパートナーお申込みはこちらミラティブ 公式サイト

 

以下、プレスリリースからの引用です。


スマホゲーム配信者数で日本一のゲーム配信サービス「Mirrativ(ミラティブ)」(以下Mirrativ)を運営する株式会社ミラティブ(本社:東京都目黒区 代表取締役:赤川隼一)は、開発パートナーさまに向けたライブゲーム開発環境とゲーム開発用のAPIを含む「Mirrativ Connect for Developers」を提供する事をお知らせします。

2022年1月13日から先行開発パートナーさまを募集して以降、約2週間で50社以上のゲーム開発会社さまにお問い合わせを頂きました。更に多くの企業さまに迅速に開発を行っていただけるよう、「Mirrativ Connect for Developers」では、開発パートナーさまがMirrativアプリ上で起動するゲームの開発を直接行うことができます。

ライブゲームの詳しい情報については、下記申し込みフォームリンクまたは本日公開したゲーム開発者向け説明動画をご覧ください。

▼開発パートナー申し込みフォーム
https://mirrativ.notion.site/55754f1282004191910bd8ad3f729807

▼開発者向け説明動画

ミラティブは、ライブゲーミングが、急速拡大の進むメタバース領域でのキラーコンテンツになると着目し、積極投資を行っていきます。そのため、2022年中に50タイトル以上のライブゲームのリリースを目指しており、引き続き開発パートナーさまとの連携を強化してまいります。

■ゲーム体験の新しい潮流「ライブゲーミング」とは

「ライブゲーミング」とは、配信中のゲームに視聴者が介入できる、ゲームとライブ配信が融合した次世代のゲーム体験となります。

視聴者は従来のライブ配信のようにコメントやギフトアイテムを贈るだけでなく、実際に配信者といっしょにゲームをプレイする「参加型ライブゲーム」や、ギフトアイテムを通じてゲームに対して影響を与える「介入型ライブゲーム」など、今までのゲームやライブ配信とは全く違った体験を楽しむことができます。

すでに「Mirrativ」内ではライブゲーミング関連の売上が月間1億円を突破しており、昨年12月には、参加型ライブゲーム「エモモバトルドロップ」単体で5,000万円の売上を突破しました。

海外では、ライブゲーミングに関連したスタートアップ企業が大型調達を行っています。世界的にも、ライブゲーミングは次世代のゲーム体験として注目が集まっています。

ミラティブは、ライブゲーミングを、新たなゲーム産業のビッグトレンドと確信しており、2022年中にライブゲームを50タイトル以上リリースすることを目指します。開発パートナーさまへの開発費支援や社内の人員強化を含め、ライブゲーミング事業への投資をより強化してまいります

■ライブゲーム開発のポイント(1)低開発費ながらも大きな可能性を持つ
昨今、スマホゲームの開発費が高騰する中で、当社が開発したライブゲーム「エモモバトルドロップ」の開発費は約3,000万円〜4,000万円となりました。

エモモバトルドロップ

  •  開発人数:7名
  •  開発期間:4ヶ月
  •  開発費 :約3,000万円〜4,000万円
  •  売上  :約5,000万円(2021年12月1日〜9日の9日間)

また、2022年4月までに先行開発パートナーさまとリリースした4本のゲームも、1本あたりの平均開発費は約1,500万となり、低開発費で今後更に伸びる市場へチャレンジできる可能性がライブゲーミングには存在しています。

■ライブゲーム開発のポイント(2)慣れ親しんだ環境での開発が可能
ミラティブでのライブゲームはUnityで開発したゲームをWebGLでビルドし展開します。そのためUnityの開発者であればすぐに開発を始めることが可能です。

また、当社が提供する「Mirrativ Connect for Developers」では、ライブゲーム開発用にAPIを準備しています。APIを使用することで、よりゲーム開発を容易にする環境を構築予定です。APIの種類は、引き続き開発パートナーさまの要望に沿って増やしていく想定です。

■ライブゲーム開発のポイント(3)開発費のサポートとレベニューシェアモデルの導入
現在、ミラティブでは開発パートナーさまの企画に応じてゲーム開発費用をサポートするキャンペーンを行っております。1本あたり1,500万円以上の開発費をミラティブが負担した実例も既にございます。

まずはライブゲームを多く開発し、ユーザーに楽しんでいただける事例を創出することを最優先にしたいという思いから、上記のような取り組みをさせていただいております。

ライブゲーム開発のビジネスモデルは、基本的に、アイテム課金・ギフト課金に応じたレベニューシェアとなります。座組によっても柔軟に対応が可能です。

現在は初期キャンペーン中となっており、以下を基礎パッケージとして進行中です。この機会に開発をご検討ください。

  •  開発費を両者で折半→当社5:御社5でレベニューシェア
  •  開発費を開発パートナーさまがご負担→当社3:御社7でレベニューシェア
  •  開発費をミラティブが全て負担→投資回収後当社7:御社3でレベニューシェア

※配分はすべて決済手数料控除後となります
※当社に配分された売上から、ユーザーへの収益還元費用を捻出いたします
※初期キャンペーン終了後の開発タイトルについてはモデルを変更予定ですので、予めご了承ください

■Mirrativでのライブゲーム開発事例
「エモモランあーるぴーじー」

ゲーム配信中に、視聴者がアイテムを贈ることができる、ユーザー介入型のランゲーム「エモモランあーるぴーじー」。アイテムが配信者の勝敗に直接影響するため、通常のゲーム実況のようにコメントをする以上の一体感が生まれます。

※ライブゲーム開発でのエモモアセットの使用は、現時点では不可となります。

「ユメゴッコ -Yumekui Onigokko-」

同じ配信内にいるプレイヤーが「鬼」と「逃げるユーザー」に分かれてプレイする、ユーザー参加型ゲーム「ユメゴッコ -Yumekui Onigokko-」。声かけや互いのリアクションがゲームをプレイする上でとても重要になります。

■ご興味のある方へ
ライブゲーム開発に興味のある方は、お気軽に申し込みフォームからお問合せください。

▼開発パートナー申し込みフォーム
https://mirrativ.notion.site/55754f1282004191910bd8ad3f729807

■Mirrativとは

Mirrativは、スマホ1つで誰でも簡単にゲーム配信ができる、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。子どものころ、友だちの家に集まってテレビを囲んでゲームを楽しんだような世界観をアプリ内で再現しています。

スマホ1台で誰でも簡単にゲーム実況ができる手軽さが好評を博し、360万人以上の配信者を有する日本最大のスマホゲーム配信サービスに成長しています。また、アクティブなユーザーに占める配信者の比率が約25%と、非常に高い水準でユーザー同士がお互いの配信を行き来しており、双方向性の高いコミュニティが形成されています。

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1028944599
Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dena.mirrativ

ミラティブ概要
会社名:株式会社ミラティブ
所在地:東京都目黒区目黒2丁目10−11 目黒山手プレイス 8階
代表取締役:赤川隼一
設立:2018年2月9日
事業内容: ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」の運営
URL: https://www.mirrativ.com/ 
コーポレートサイト:https://www.mirrativ.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ミラティブ 広報担当
E-mail:pr@mirrativ.co.jp

プレスリリースはこちら

関連記事

Unity上でFBXからインポートした3Dモデルを、参照を残したままPrefab化する方法を紹介。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで解説記事が公開
2024.03.04
Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
2024.03.01
SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
PLATEAU、3D都市モデルを使った位置情報共有ゲームをつくるチュートリアル記事を公開。ゲームの制作から、サーバーの準備、アプリの配信まで詳細に解説
2024.03.01
「東京ゲームショウ2024」概要が発表。インディーゲームコーナーに無料でリアル出展できる「Selected Indie 80」のエントリーも開始
2024.03.01
デスク上の収納スペースを拡張。有孔ボード付き、モニターアームも設置できる「デスクEXラック」、サンコーが発売
2024.02.29

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
26
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!