スマートフォンから遠隔操作できる電源タップ「Tapo P300」、5/30(木)にTP-Linkから発売。4口のコンセントの個別制御、3つのUSBポートの一括制御が可能

2024.05.21
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • TP-Link、スマートフォンから遠隔操作可能な電源タップ「Tapo P300」を発表
  • 4つのコンセントの個別制御や、3つのUSBポートの一括制御、稼働時間の確認、スケジュールやタイマーの設定が可能
  • 2つのUSB-AポートはQC3.0規格を採用。USB-CポートはPD対応の急速給電に対応している

ティーピーリンクジャパン(TP-Link)は、スマートフォンから遠隔操作可能な電源タップ「Tapo P300」を、2024年5月30日(木)から販売することを発表しました。Amazon.co.jpでの価格は4,900円(税込)。

(画像はニュースリリースより引用)

「Tapo P300」は、スマートホーム製品「Tapo」シリーズとして新たに登場した電源タップです。2.4GHz帯の無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)およびBluetooth 4.2に対応し、4つのコンセント口、USB-Aポート×2・USB-Cポート×1を搭載しています

Tapoシリーズ製品を制御する『TP-Link Tapo』アプリや、Appleの『ホーム』アプリを使用することで、4つのコンセントの個別制御、3つのUSBポートの一括制御が可能。Amazon Alexa・Siri・Googleアシスタントにも対応しており、音声コントロールも行えます。

本製品の大きさは280×50.5×32.5mmで電源コードの長さは1.8m(画像はニュースリリースより引用)

稼働時間の確認、スケジュールやタイマーの設定、ランダムな間隔でデバイスのオン・オフを切り替える「おでかけモード」も利用できます。 

(画像は製品ページより引用)

本製品に搭載している2つのUSB-Aポートは、QC3.0規格を採用。USB-CポートはPD対応の急速給電に対応し、最大20W出力の給電をサポートしています。

(画像はニュースリリースより引用)

「Tapo P300」の詳細は、製品ページニュースリリースをご確認ください。

「Tapo P300」製品ページニュースリリース

関連記事

500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
ゲーム業界を目指す学生のCEDEC2024/TGS2024参加をサポート。IGDA日本、「スカラーシッププログラム」参加者を募集中
2024.06.13
株式会社デジタルハーツ 渡辺 栄宏氏による「全開発者におくるデバッグ入門! 個人開発でも使えるQA Tipsや基礎的な考え方をご紹介」のスライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
プロデューサー ディレクター 脚本家 山中拓也氏による「心に残る物語のつくりかた」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!