手ごろな価格帯の配信向けデバイス「Elgato Neo」シリーズが登場。「Stream Deck」新作やキャプチャーボードなど5製品がラインナップ

2024.04.22
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 配信向けデバイスブランド「Elgato」から、新シリーズ「Elgato Neo」が登場
  • 8つの液晶キーやページ切り替え機能を搭載した「Stream Deck Neo」、分配機能付きキャプチャーボード「Game Capture Neo」など5製品
  • デバイスにつなぐだけですぐに使えるマイクやカメラ、配信用ライトも販売

SB C&Sは2024年4月19日(金)、CORSAIR(コルセア)が開発・提供する配信向けデバイスブランド「Elgato」の新たなシリーズとして、「Elgato Neo」発表しました。

同シリーズの製品は2024年4月20日(土)から順次販売が開始され、家電量販店や各種ECサイトなどで購入可能です。

「Elgato Neo」は、既存のElgatoシリーズの製品をもとに、丸みを帯びた親しみやすいデザイン手ごろな価格を特徴とするデバイスシリーズです。

今回は同シリーズとして、5製品が発表されました。

Stream Deck Neo

「Stream Deck Neo」は、8つの液晶キーを備えたPC向けキーパッド。各キーにはアプリのショートカットやWeb会議中のマイクのミュートなど、さまざまな操作を登録できます。

本体下部には、日付や時間などの情報をリアルタイム表示する「Infobar」、タップすることでアクションのページを切り替えられる2つの「Touch Points」も搭載しています。

大きさは約26×107×78 mm、重さは約210gです。実売価格は13,980円程度(税込、以下同様)。

Game Capture Neo

「Game Capture Neo」は、パススルー解像度4K/60fps HDR、録画解像度は1080p/60fpsに対応したキャプチャーボードです。

USB Type-CとHDMI端子を搭載しており、ゲーム用モニターとPCに同時に出力するといった分配機能も搭載しています。また、WindowsやmacOSだけでなく、iPadOSでも利用可能。

大きさは約65×123×21mm、重さは約90g。実売価格は19,980円程度です。

 

その他、設定不要ですぐに使えるマイク「Wave Neo」や、1080p/60fps対応のWebカメラ「Facecam Neo」、USB給電で簡単に使用できるライト「Key Light Neo」も発表されました。

なお、「Wave Neo」の発売は4月27日(土)を予定し、「Facecam Neo」の発売日は未定です。

「Wave Neo」

「Facecam Neo」

「Key Light Neo」

詳細は、プレスリリース製品ページをご確認ください。

プレスリリース「Elgato Neo」製品ページ

以下、プレスリリースからの引用です。


 

SB C&S株式会社は、CORSAIR Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Andy Paul)が開発・提供する配信向けのキャプチャデバイスなどを展開するブランドElgato(エルガト)から、丸みを帯びた親しみやすいデザインとリーズナブルな価格の配信向けデバイスシリーズ「Elgato Neoシリーズ」を、トレテク!ソフトバンクセレクション、Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場、全国の大手家電量販店(一部店舗を除く)などで2024年4月20日から順次販売を開始します。販売の開始に先立ち、各店舗では本日から順次予約の受け付けを開始します。

「Elgato Neoシリーズ」は、丸みを帯びた親しみやすいデザインに十分な機能を備え、初心者にも手の届きやすい価格を実現したElgatoの新しい配信デバイスシリーズです。

【Stream Deck Neo】

「Stream Deck Neo(ストリーム デック ネオ)」はカスタマイズ可能な8個のLCD(Liquid Crystal Display、液晶ディスプレイ)キーでアプリやプラットホームをコントロールできるショートカットキーボードです。テキストのペーストやフォルダの閲覧などの小さな繰り返し作業のほか、音楽の再生、ウェブ会議でのマイクのミュートまで可能です。パソコンに対応の「Stream Deck」アプリを使用すれば、ドラッグ&ドロップの簡単な操作でキーをカスタマイズできます。さらに、日付や時間などの情報をリアルタイムで表示するInfobar、タップすることでアクションのページを切り替えられる2つのTouch Pointsを搭載しています。本体は3段階の傾き調整が可能で、立てても寝かせても使用できます。

製品画像

主な特長
・アプリやプラットホームをコントロールできる8個のLCDキー
・テキストのペーストやフォルダの閲覧などの繰り返し作業を効率化
・音楽の再生やウェブ会議でのマイクのミュートなどのコントロールも可能
・パソコンに対応した「Stream Deck」アプリで簡単にキーをカスタマイズ可能
・日付や時間などの情報をリアルタイムで表示できるInfobarを搭載
・タップすることでアクションのページを切り替えられる2つのTouch Pointsを搭載
・3段階の傾き調節が可能

 

価格
オープン価格
(SB C&S希望小売価格:税込み1万3,980円)

製品の詳細
https://shop.softbankselection.jp/item/0840006673446.html

 

【Game Capture Neo】
「Game Capture Neo(ゲーム キャプチャー ネオ)」はパススルー解像度4K60fps HDR、録画解像度1,080p60fpsに対応したキャプチャーボードです。PlayStation、Xbox、Nintendo Switchなどのコンソールゲームのほか、パソコンやiPadなどのデバイスから簡単に映像をキャプチャーできます。パススルー解像度は最高4K60fps HDRに対応しているため、画質のロスや遅延なしでハイクオリティなゲームプレイが楽しめます。また、録画解像度は最高1,080p60fpsに対応し、ハードドライブやYouTube、Twitch、TikTok、Facebook Gamingなどに高画質でキャプチャーやストリームが可能です。

製品画像

主な特長
・最高4K60fps HDRに対応したパススルー解像度
・最高1,080p60fpsに対応した録画解像度
・PlayStation、Xbox、Nintendo Switchなどのコンソールゲーム、パソコンやiPadなどに対応
・YouTube、Twitch、TikTok、Facebook Gamingなどのプラットホームにストリーム可能

製品概要

価格
オープン価格
(SB C&S希望小売価格:税込み1万9,980円)

製品の詳細
https://shop.softbankselection.jp/item/0840006673439.html

 

【Key Light Neo】
「Key Light Neo(キー ライト ネオ)」はアプリなどのインストールをせずに、USBに接続するだけでも使用できる配信用ライトです。本体には明るさ、色温度を調整できるダイヤル、ビデオ照明とデスクトップ照明を切り替えられるプリセットボタンを搭載しています。デバイスのUSBドックのほか、コンセントも電源に使用できます。(アダプターは付属していません。)照明のコントロールは専用アプリの他、「Stream Deck」でも可能です。

製品画像

主な特長
・設定不要でデバイスにつなぐだけですぐに使用可能
・明るさ、色温度を調整できるダイヤル、ビデオ照明とデスクトップ照明を切り替えられるプリセットボタンを搭載
・デバイスのUSBドック、コンセントから給電可能
・アプリや「Stream Deck」で照明のコントロールが可能

製品概要

同梱物

本体
1/4インチねじ山付きモニターマウント
USB Type-C to Type-A 2.0ケーブル(1m)
USB Type-A to Type-A 2.0延長ケーブル (1.5m)
安全ガイド

価格
オープン価格
(SB C&S希望小売価格:税込み1万4,280円)

製品の詳細
https://shop.softbankselection.jp/item/0840006673453.html

 

【Wave Neo】
「Wave Neo(ウェーブ ネオ)」はデバイスにつなぐだけで、設定なしですぐに使える高音質の配信向けマイクです。パソコンやPlayStation 5、iPad※、iPhone※などあらゆるデバイスでひずみのないプロのサウンドを実現します。高さを出せる卓上スタンドは音質を向上させ、キーボードノイズを低減します。センサーをタップすることで素早くミュートでき、ミュート中はLEDランプが点灯して知らせてくれます。また、Wave Linkアプリを使用すればオーディオミックスや、ボイスエフェクトの追加が可能です。さらに、「Stream Deck」とつなげばキー操作でのオーディオコントロールも可能です。

※ USB Type-C コネクタ搭載のiPad、iPhone以外はUSB Type-C to Lightningアダプターが必要です。
※ 「Wave Neo」は4月27日販売開始予定。

製品画像

主な特長
・設定不要でデバイスにつなぐだけですぐに使用可能
・音質を向上させ、キーボードノイズを低減する卓上スタンド
・センサーをタップしてミュート可能で、ミュート中はLEDランプが点灯
・オーディオミックスやボイスエフェクトの追加が可能なWave Linkアプリ
・「Stream Deck」とつないでキー操作でのオーディオコントロールも可能

 

同梱物

本体
卓上スタンド
延長用ライザー(10cm)
マイクフォーム
USB Type-C to Type-A 2.0メッシュケーブル(1.5m)
安全ガイド

価格
オープン価格
(SB C&S希望小売価格:税込み1万4,280円)

製品の詳細
https://shop.softbankselection.jp/item/0840006673460.html

 

【Facecam Neo】
「Facecam Neo(フェイスカム ネオ)」は鮮明なフルHD1,080p、滑らかな60fpsに対応したウェブカメラです。箱から出してすぐに使えるプラグ&プレイ対応で、ソフトウエアの設定は必要ありません。薄型でスタイリッシュなデザインで、あらゆるモニターやノートパソコンにシームレスにマウント可能です。HDRに対応しているので、厳しい光環境下でも生き生きとしたカラーと鮮明さで撮影できます。また、スライドできるシャッターを内蔵しているので簡単にプライバシーを保護できます。Camera Hubアプリを利用すれば、プロ仕様のデジタル一眼レフカメラのように詳細なビデオ設定をカスタマイズ可能です。「Stream Deck」とつなげば、キーを押すだけでビデオをコントロールできます。

※   「Facecam Neo」は発売日未定。

製品画像

主な特長
・設定不要でデバイスにつなぐだけですぐに使用可能
・フルHD1,080p、60fpsに対応した鮮明で滑らかな映像
・HDR対応で厳しい光環境下でも生き生きとしたカラーと鮮明さで撮影可能
・スライド式シャッター内蔵で簡単にプライバシーを保護
・Camera Hubアプリでデジタル一眼レフカメラのように詳細なビデオ設定が可能
・「Stream Deck」とつなげばキー操作でビデオをコントロール可能

製品概要

同梱物

本体
USB Type-C 2.0ブレードケーブル(139cm)
1/4インチねじ山付きモニターマウント
安全ガイド

価格
オープン価格
(SB C&S希望小売価格:税込み1万6,280円)

製品の詳細
https://shop.softbankselection.jp/item/0840006673477.html

 

【製品に関するお問い合わせ】
SB C&S株式会社グローバル製品のお問い合わせ
https://gp.supportweb.jp/

Elgatoについて
Elgatoは、YouTubeやTwitchなどの新時代のエンターテインメントのコンテンツ制作に必要なアクセサリーを製造しており、世界80カ国以上で販売されています。ドイツとカリフォルニアのエンジニアチームが開発・デザインし、洗練されたソフトウエアに革新的なハードウエアを組み合わせ、YouTubeや Twitchなどの新時代のエンターテインメントのコンテンツ制作に新たなソリューションを提案しています。

●Copyright©2024 CORSAIR Components.Inc無断複写・転載を禁ず。CORSAIR、セイルロゴおよびVengeanceは、米国およびその他の国におけるCORSAIRの登録商標です。
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連記事

500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
ゲーム業界を目指す学生のCEDEC2024/TGS2024参加をサポート。IGDA日本、「スカラーシッププログラム」参加者を募集中
2024.06.13
株式会社デジタルハーツ 渡辺 栄宏氏による「全開発者におくるデバッグ入門! 個人開発でも使えるQA Tipsや基礎的な考え方をご紹介」のスライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
プロデューサー ディレクター 脚本家 山中拓也氏による「心に残る物語のつくりかた」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!