MaxonJapanが『Cinema 4D 2024』リリース!1万体のモデルをMoGraphで描画時に61%のスピードアップ達成

2023.09.18
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • MaxonJapanが『Cinema 4D 2024』の新機能を紹介
  • パフォーマンスが前バージョンの2倍以上
  • 法線編集機能など多くの機能が追加

MaxonJapanCinema 4D 2024の新機能をまとめたnote『Cinema 4D 2024新機能』を公開しました。

『Cinema 4D 2024』では、パフォーマンスの改善や機能の追加、デフォルトレンダラーの変更など多くのアップデートがされています。MaxonJapanはnoteのほか、新機能を紹介した動画も公開しています。

YouTube『Cinema 4D 2024の新機能』

『Cinema 4D 2024』は前バージョンと比べ、2倍以上のパフォーマンスで動作します。パフォーマンスが向上したことで、リアルタイムなレスポンスを得ることが可能になりました。

1万体のモデルをMoGraphで動かしたシーン。描画スピードは61%もアップしている。(画像は公式noteより引用)

キャラクターのアニメーションシーンは78%も向上。(画像は公式noteより引用)

前バージョンまで法線の関係で、意図しないエッジが描画される問題がありましたが、『Cinema 4D 2024』で追加された新しい法線計算タイプ「加重正方形エリア」にすることで改善されるとのこと。また、ポリゴン、エッジの頂点法線の編集機能が追加されました。計算タイプを変更しても改善されない場合は、任意の調整が可能になっています。

加重正方形エリアにすることで、不要なエッジが描画されていない(画像は公式noteより引用)

選択したポリゴンの頂点法線を任意の方向に揃えることが可能に(画像は公式noteより引用)

頂点マップマネージャ(VAMP)に新しい評価方法「最も近いポリゴン(データブレイクあり)」が追加されました。また、法線にも対応するようになりました。
新しい評価方法は、UVや法線を別オブジェクトに転写することに優れており、トポロジーの異なるモデルのUVでも、正確な転写が可能になりました。

法線に対応したことで、UVが正確に転写されるように(画像は公式noteより引用)

これらのほかにも、モデリングやアニメーション、シミュレーションなど多くのアップデートがされています。詳細は、Maxon 公式note『Cinema 4D 2024新機能』をご確認ください。

Maxon 公式note 『Cinema 4D 2024新機能』

関連記事

『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05
モノリスソフト、異なるDCCツール間で3Dシーンを共有する「MaterialX」「OpenUSD」の活用方法をブログ記事で解説
2024.07.01
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!