CORSAIRのフルサイズキーボード「K70 MAX」、9/1(金)に発売。ファームウェアアップデート後は「Rapid Trigger」機能が追加される

2023.08.31
ニュース周辺機器・ハードウェアキーボード
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • CORSAIR製の日本語配列フルサイズキーボード「K70 MAX」が9/1(金)に発売
  • CORSAIR独自の「MGX」スイッチを採用。ポーリングレートは8,000Hz
  • 9月中旬に配信予定のファームウェアアップデートを適用すると、「Rapid Trigger」機能が利用可能に

アスクとリンクスインターナショナルは、CORSAIR製のフルサイズキーボード「K70 MAX」を、9月1日(金)に発売することを発表しました。予想市場価格は32,980円前後(税込)。キー配列は日本語モデルのみ用意されています。

(画像はアスクの製品ページより引用)

「K70 MAX」は、ポーリングレートが8,000Hzのメカニカルキーボードです。キースイッチは、CORSAIR独自の「MGX」スイッチを採用。この磁気スイッチは、アクチュエーションポイントを0.4〜3.6mmの間で0.1mmずつ調整可能です。

(画像はアスクの製品ページより引用)

1つのキーに異なる2つのアクチュエーションポイントを設定し、各ポイントで異なる操作を割り当てる機能も搭載されています。

(画像はCORSAIRの製品ページより引用)

また、9月中旬に配信予定のファームウェアアップデートを適用すると、「Rapid Trigger」機能が利用できるようになると発表されています。

本機能を有効化することで、アクチュエーションポイントとリセットポイントが可変するように。各キーのリセット・再入力距離は0.1 mmに設定され、高速入力がしやすくなります。なお、各キーのリセット・再入力距離を個別に設定する機能は、2023年中に予定されているCORSAIRのiCUEソフトウェア更新後に利用可能。

キーキャップはPBTダブルショット、筐体はアルミニウムフレームを採用。マグネット脱着式パームレストも備えられています。

(画像はアスクの製品ページより引用)

接続方式はUSB Type-C。本体サイズは442×166×39.2mm、重さは約1.39kg。その他、詳細は製品ページなどをご確認ください。

ニュースリリース(アスク)ニュースリリース(リンクスインターナショナル)「K70 MAX」製品ページ

関連記事

ロジクールで「最もポータブル」を謳うワイヤレスキーボード。最薄部4.3mm、重さ222gの「Keys-to-Go 2」、6/27(木)に発売
2024.06.18
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
最薄部5.4mm、重さ約490g。薄型・軽量設計でロープロファイルの75%メカニカルキーボード「Lofree Edge」、4/25(木)22時よりKickstarterで先行販売
2024.04.25
ASUS、メカニカルキーボード『ROG Falchion RX Low Profile』を3/8(金)発売。ロープロファイルで65%レイアウト、3種類の接続方法に対応
2024.03.05
Intel初のAI専用プロセッサを備える「Core Ultra」搭載のAlienware最新ノートPC2機種が発表。新製品発表会で実物に触れてきた
2024.02.28
CORSAIRの75%メカニカルキーボード「K65 PLUS WIRELESS JP」、2/29(木)発売。2.4GHzワイヤレス接続対応、最大266時間の連続駆動が可能
2024.02.26

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!