OpenAI、『GPT-4』『GPT-3.5 Turbo』のアップデートを公開。API使用料が値下がりした他、関数呼び出し機能により外部ツールやAPIとの連携強化

2023.06.17
ニュースAI
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • GPT-4、GPt-3.5 Turboがアップデート
  • 関数の呼び出し機能が追加され、外部ツールとの連携が強化
  • トークン使用料金も値下げに

OpenAIが、GPT-4およびGPT-3.5 Turboのアップデートを公開しました。関数の呼び出し機能やモデルの更新内容、価格の変更がされています。

Chat Completions APIに関数呼び出し機能が追加

gpt-4-0613やgpt-3.5-turbo-0613に関数の情報を記述することで、JSONオブジェクトを通じて関数の呼び出しを選択できるようになりました。これにより、関数の情報を記述されたモデルは、ユーザーの入力内容に応じて、関数を呼ぶ必要がある場合に関数のシグネチャに準拠したJSONで応答します。そして、返されたJSONにもとづき関数を実行します。

この機能を使うことで、GPTの機能と外部ツール・APIとの連携をより確実にすることが可能です。

関数呼び出し機能の例として、下記のような外部ツールを呼び出して質問に答えるチャットボットなどをあげています。

次の金曜日にコーヒーを飲みたいかどうか、アーニャにメールを送る
send_email(to: string, body: string)

ボストンの天気はどんな感じ?
get_current_weather(location: string, unit: ‘celsius’ | ‘fahrenheit’)

この機能の詳細については公式のドキュメントも参考にしてください。

モデルの更新

GPT-4

gpt-4-0613は、関数呼び出し機能追加にともない、モデルの更新と改良がされました。

gpt-4-32k-0613は、gpt-4-0613と同様の変更に加え、テキスト理解度を高めるために文脈の長さを延長しています。

GPT-3.5 Turbo

gpt-3.5-turbo-0613では、関数呼び出し機能とシステムメッセージによる信頼性の高い制御により、モデルの反応を誘導することが可能です。

gpt-3.5-turbo-16kは、gpt-3.5-turboの4倍の長さのコンテキストを2倍の価格で提供するモデルです。1K入力トークンあたり0.003ドル、1K出力トークンあたり0.004ドルです。1回のリクエストで20ページ程度のテキストをサポートすることが可能です。

非推奨になるモデル

gpt-4とgpt-3.5-turboの初期バージョンが非推奨のモデルになります。

非推奨化の処理が進められ、6月27日には自動的に新モデルへとアップグレードされます。APIリクエストの「model」パラメータを指定することで旧モデルの使用を継続可能ですが、それも9月13日までと制限されています。

使用料金の値下げ

Embeddings

text-embedding-ada-002の使用料金が1Kトークンあたり0.0001ドルになりました。トークンのコストは75%削減しています。

GPT-3.5 Turbo

gpt-3.5-turboの使用料金が1K入力トークンあたり0.0015ドル、1K出力トークンあたり0.002ドルになりました。入力トークンのコストは25%削減しています。

詳細はOpenAI公式サイト『Function calling and other API updates』をご確認ください。

『Function calling and other API updates』OpenAI公式サイト『Chat Completions API』OpenAIのDocumentation

関連記事

AIによる高解像技術「XeSS 1.3」、Intelがリリース。AIモデルの改善などによりパフォーマンスが向上し、ゴーストやモアレも軽減
2024.04.10
Adobe Substance 3Dアプリ、「Firefly」の生成AI機能が導入。テキストからテクスチャ・背景を生成できる
2024.03.20
ユーザーの声を自動監視・AI分析するツール「Oreo」、無料プランを新設。Xだけでなく、Steamの投稿も監視対象に追加可能
2024.03.14
Unity Museのテクスチャ生成機能のAIモデルがアップデート。石畳や木材がより精細に、奥行きも表現
2024.03.09
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
NVIDIA、ローカル環境で動くAIチャットボット『NVIDIA Chat With RTX』を無料で公開
2024.02.14

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!