『Fall Guys』のオリジナルステージを作って、他のプレイヤーと遊べる!「シーズン4:クリエイティブの創造」でクリエイティブモードが追加

2023.05.10
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 「FALL GUYS シーズン4:クリエイティブの創造」が、2023年5月10日(水)午後7時(日本時間)にリリース
  • カスタムラウンドを作成できるゲーム内のステージエディタFall Guys クリエイティブが追加
  • 完成させたラウンドは共有コードにより、フレンドやコミュニティと共有することが可能

2023年5月10日(水)、Mediatonicが開発、Epic Gamesが販売する『Fall Guys』にて「シーズン4:クリエイティブの創造」が開始しました。本シーズンより、ステージエディタFall Guys クリエイティブ」が利用可能になります。

今回のアップデート内容は以下の通りです。

ステージエディタ「Fall Guys クリエイティブ」からオリジナルのラウンドを作成可能に

「シーズン4:クリエイティブの創造」では、ゲーム内にステージエディタ「Fall Guys クリエイティブ」が追加されます。これにより、プレイヤーがオリジナルのラウンドを作成できるようになります。

「Fall Guys クリエイティブ」は、ホーム画面上部にあるスパナマークのタブから起動できる

「Fall Guys クリエイティブ」を紹介する公式動画『Fall Guys Creative Construction Announcement』

「Fall Guys クリエイティブ」の操作画面(画像は『Fall Guys Creative Construction Announcement』より引用)

作成したラウンドでプレイ可能なことを証明すると、フレンドやコミュニティにラウンドを共有できる共有コードが発行されます

ラウンドのテストプレイでゴールすると、ラウンドがパブリッシュできるようになる(画像は『Fall Guys Creative Construction Announcement』より引用)

今後、開発チームは「Fall Guys クリエイティブ」のみを使用してラウンドの制作を行うと発表。これにより、ユーザーはアップデートをダウンロードせずとも最新版のラウンドでプレイできるようになります。

本シーズンでは50以上のラウンドが実装を予定されており、リリース時には20ラウンドがプレイ可能です。

新障害物の「びゅーんブラスター」は実装直後からクリエイティブに導入され、ステージ作成に使用可能(画像は『Fall Guys Creative Construction Announcement』より引用)

ショー選択画面にコンテンツが追加

また、ショー選択画面に「クリエイター制作のラウンド」タブが追加されました。

なお、今後ショー選択画面における検索機能の追加・改善が予定されています。

シーズンパスが仕様変更

加えて、シーズンパスの仕様が変更されます。

1シーズンにわたって提供されていたシーズンパスが廃止され、より提供期間の短い「名声利用パス」が新たに登場します。1シーズン中、複数の名声利用パスが提供される予定とのこと。

名声利用パスは600Show-Bucksで入手可能です。

シーズン4における名声利用パスのロードマップ(画像はニュースページより引用)

詳細は、Fall Guys公式サイトおよびニュース記事をご確認ください。

『シーズン4:クリエイティブの創造』Fall Guys 公式サイト『「FALL GUYS シーズン4:クリエイティブの創造」で独自の大騒ぎを作り出そう!』Fall Guys 公式ニュースページ

関連記事

ASUS JAPAN、120Hz駆動・フルHDの7型液晶を搭載したポータブルゲーミングPC「ROG Ally(アールオージー エイライ)」を発表。6/2より予約開始
2023.05.29
2023年秋にApple公証サービスのアップデート。11/1以降にAppStore以外でmacOSソフトウェアを配布する際はXcode 14以降かnotarytoolが必要に
2023.05.29
Amebaのデザインシステム『Spindle』のアニメーションシステムの解説記事が公開。一貫性のあるAmebaらしいアニメーション制作の仕組みが語られる
2023.05.29
Unity 2022 LTSが6月に公開!DOTSによるパフォーマンス向上やHDレンダーパイプラインを使ったエフェクト機能などを紹介
2023.05.26
mocopiの動作確認済みシステムにUnreal Engineが追加!UEでもリアルタイムにモーションデータを取り込むことが可能に
2023.05.26
Epic Gamesが『バーチャル プロダクション ビジュアライゼーション ガイド』を公開。Unreal Engineを使ったバーチャルプロダクション撮影の手順を解説
2023.05.26

注目記事ランキング

2023.05.23 - 2023.05.30
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
5
UEFNのプロジェクトにもEpic MegaGrantsが適用されることが改めてアナウンス。採択されれば、約5,000ドルから25,000ドルの資金援助
6
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
8
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
13
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
14
ゲームを開発し、フォートナイト上に公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、Epic Games Storeに登場。3/23(木)リリース予定
15
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
16
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
17
『Minecraft』次回大型アップデートver1.20で桜バイオームが登場予定。Java版スナップショットで一足先に体験可能
18
フォートナイトとUEFNがv24.40にアップデート。クリエイターの作品が一覧表示される「クリエイターページ」が利用可能に
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
【STEP4-3】仕掛けを使って「坂を転がるボールのギミック」を組み込む
21
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
22
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
23
【STEP5-2】ゴールの仕組みを作る
24
【STEP6-3】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――キーボーとムラスケのメッシュをインポート
25
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
26
【STEP6-4】インポートしたアセットを使ってギミックを作る
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
28
Epic Games、UEFNとフォートナイト クリエイティブモードを紹介したライブ配信のアーカイブを公開。制作の始め方からゲーム公開までの大まかな流れがわかる
29
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!