Maxonが自社製品バンドル『Maxon One』の2023年1月アップデートをリリース。ZBrush内でRedshiftが直接利用可能に

2023.01.14
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Maxonが自社製品のオールインワンバンドル『Maxon One』の2023年1月アップデートをリリース
  • 『ZBrush』内でRedshiftレンダラーが直接利用可能に
  • 『Forger』や『Red Giant Trapcode』のアップデートも

Maxonは、自社が提供するすべての製品をセットにした『Maxon One』の2023年1月アップデートをリリースしました。今回のリリースにより、RedshiftのZBrushへの統合のほか、M1およびM2搭載Macに向けたアーキテクチャの変更など多くのアップデートが行われています。

3Dスカルプティングソフト『ZBrush』はアップデートにより、ZBrush内で『Redshiftを直接使用したレンダリングが可能になりました。Redshift for ZBrushはRedshiftマテリアルのほか、ZBrushのカスタムマテリアルであるスタンダードマテリアルおよびマットキャップをサポートします。

UV・テクスチャマップ情報なしで高解像度のイメージをその場でレンダリング。肌の質感などを表現するのに適したサブサーフェススキャッタリングのほか、発光ライト生成、金属やガラスの質感の表現が可能(画像は公式サイトより引用)

また、スカルプトツールにも改良が加えられました。2つのサーフェス間にスライムの粘液のようなものを簡単に作成できる「スライムブリッジ」や、モデルを中心軸からずらしてもシンメトリが保たれる「ダイナミックシンメトリ」など、多数の機能が追加されています。

スライムブリッジの使用例

これに併せて、ZBrushの新機能を紹介する特別番組が放送されました。

ZBrushの他にも、iPad用3Dスカルプティングアプリ『Forger』や、Adobe After Effects用3Dパーティクルシステム『Red Giant Trapcode』など、いくつかのMaxon製品がアップデートされています。

詳細はプレスリリースをご覧ください。

Maxon One製品サイトプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


エディター、映画制作者、モーションデザイナー、ビジュアルエフェクトアーティスト、あらゆるタイプのクリエイター向けのプロフェッショナルソフトウェアソリューションを開発するMaxonは、本日、ZBrushとForgerのメジャーアップグレード、Red Giant Trapcodeのキーパフォーマンスのアップデートを含むMaxon One製品の刺激的なアップデートを発表しました。

業界標準のデジタルスカルプトソフトウェアであるZBrushの最新アップデートは、Redshiftの統合の最初のステップとして、高品質なレンダリングの作成、新しく強化されたスカルプトワークフローの探求、そしてM1およびM2搭載Macの能力を活用するためのアーキテクチャの変更を実現する劇的な発展を遂げています。

Forgerは、サブディビジョンサーフェイスや対称を含む完全なモデリングツールセットにより、スカルプトにとどまらず、iPad上でのクリエイティブな機能を拡張し続けています。

Red Giant Trapcodeは、Adobe After Effectsで劇的なパーティクルシミュレーションを作成するアーティストにとって重要なパフォーマンスの改善をもたらします。

「RedshiftのZBrushへの統合は、アーティストにこれまで想像もできなかったレベルのパワーと柔軟性をもらします。これはMaxonの大きなマイルストーンであり、すべてのアーティストやクリエイターがRedshiftにアクセスできるようにするという我々の目標を達成するものです。今回のアップデートでは、アーティストが創造性の限界を超え、ビジョンを実現するための新機能やワークフローを多数搭載しています。」とMaxon CEOであるDavid McGavranは述べています。

ZBrush

ZBrushの最新機能を実際にご覧いただけるように、Maxonチームは1月中に関連の特別ライブストリーミングイベントを開催します。最初のイベントとして、2023年1月12日午前4時(日本時間)に行いました。

  • ZBrushに搭載されたRedshift: Maxonの開発チームは、ワールドクラスのレンダリングをZBrush内で直接実現。Redshift統合の最初のステップとして、サブサーフェススキャッタリングと発光ライト生成で高品質な画像をレンダリングする素晴らしい新しいワークフローを提供します。Redshift for ZBrushはStandard、Matcap、Redshiftマテリアルをサポートし、金属の質感やガラスのコースティクスを生成しリアリズムを向上させます。Maxon Oneの加入者は、レンダリングにNvidiaとAppleのGPUのフルパワーを利用することができ、すべてのサブスクリプションユーザーは、互換性のあるシステムでCPUを使用すればピクセル単位で一致する結果が得られます。
  • 新規および改善された スカルプトツール:
    • スライムブリッジ: ZBrushのマスキングシステムを使って複雑な幾何学的に接続し、2か所のマスクの間をデザインします。テンション、ブリッジ、毛管、ブランチのコントロールにより、2つのサーフェス間にスライムの粘液のようなものを簡単に作成できます。
    • Sculptris Pro: 重要な部分をより詳細に! この強力なツールに追加された最新機能により、アーティストはスライダーを使って、必要な部分のメッシュ密度を上げると同時に、三角形のサイズを小さくすることができるようになりました。
    • ダイナミックシンメトリ: ローカルシンメトリは、ZBrush内のギズモを利用し、モデルを中心軸からずらしながらZBrushワークスペース内でシンメトリを保つ方法を提供します。また、ZBrushのワールドスペース内の任意の場所にあるアセットの配置を操作しながら、シンメトリラインのアクションを制御できます。
    • マスク領域: 自動領域のおかげで、複雑な形状を簡単にマスクすることができます。単純な図形や複雑な図形にインジケータを描くだけで、塗りつぶすべき領域を決定し、ボタンを押すだけで複数の領域をマスクすることができます。
    • 最後の操作を適用: 全サブツールに最後の操作を適用機能は、ZBrushツールパレット内の複数のサブツールに、マテリアル属性、カラー情報、その他の「アンドゥできない」操作をボタンクリックで適用することができます。
  • Zリメッシャー リトライ / ポリペイントを保持: 業界最高の自動リトポロジーは、異なる設定の結果を保存して比較できるオプションによって、さらに改善されました。ポリペイントを保持する新しいオプションにより、制作のどの時点でもメッシュを最適化することができます。
  • クリースエッジ UVアンラップ: クリースエッジは、UVマップ生成のためにUVシームを配置すべき最も効率的なハードエッジと「クリース(折り目)」を自動的に検出します。
  • 機能紹介ページ

Redshift for ZBrush: https://www.maxon.net/zbrush/features/redshift-in-zbrush

スカルプトツール: https://www.maxon.net/zbrush/features/sculptural-freedom

Zリメッシャー: https://www.maxon.net/zbrush/features/remeshing-options

ZBrush 2023作例

ZBrush 2023スライムブリッジ

Forger

  • サブディビジョンサーフェイス: iPadで使えるForgerの機能が拡張され、アーティストはスカルプトにとどまらず、どこでも制作できるようになりました。サブディビジョンサーフェイスや対称など、完全なポリゴンモデリングツールセットにアクセスできるようになりました。

Forger画面

Red Giant Trapcode

    • パフォーマンス重視の一環として、MaxonはParticularに若干の改良を加えました。最適化された新しいワークフローにより、AEコンプでエミッターを任意の3Dレイヤーにリンクさせることができ、パーティクルシステムのセットアップがより効率的になりました。また、アニメーションしたPhysics Time Factorを使用する際のパフォーマンスも最適化され、Formパーティクルのメモリ管理も改善されました。

    Trapcode画面

    Maxon カプセル

        • Maxonは、サブスクリプションユーザーの創造力を刺激し手助けする素晴らしいカプセル素材を定期的に提供し続けています。Redshiftに最適化された75種類以上のモデル、30種類のRedshiftマテリアルとして木目、金属、液体、さらにMaxon One専用のマテリアルも30種類追加されています。Rocket Lassoと共同で作成された新しいWave Splineプリミティブにより、Maxon One加入者は、オシロスコープ、サウンドフォーム、その他のアニメーション波形をシミュレートできます。 すべてのアップデートは、Maxon AppとMaxonのウェブサイトからすぐに利用できます。

        カプセルサンプル

        Maxonについて

        Maxonは、2Dおよび3Dデザイン、モーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト、ビジュアライゼーションに携わるコンテンツクリエイター向けに、パワフルでありながら親しみやすいソフトウェアソリューションを提供しています。Maxonの革新的な製品群は、アーティストがクリエイティブなワークフローを加速させるのに役立ちます。当社の製品ラインには、受賞歴のある3Dモデリング、シミュレーション、アニメーション技術のCinema 4Dスイート、モバイルスカルプトアプリのForger、革新的な編集、モーションデザイン、映画制作ツールの多様なRed Giant製品、最先端で非常に速いRedshiftレンダラー、業界標準のデジタルスカルプトおよびペイントソリューションであるZBrushが含まれます。

        Maxonのチームは、アーティスティックなコミュニティを構築し、成功に導くことを信条とする、楽しくて情熱的な人々で構成されています。人気の高い参加型のイベントから無料のCineversity教育リソースまで、Maxonはクリエイターとの強いつながりを築き、彼らのプロとしての成長を促すことが、業界のトレンドを把握し、お客様によりよいサービスを提供するために不可欠であると認識しています。

        MaxonはNemetschek Groupに属しています。

        関連記事

        効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
        2024.05.27
        オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
        2024.05.23
        Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
        2024.05.20
        『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
        2024.05.13
        3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
        2024.05.13
        【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
        2024.05.12

        注目記事ランキング

        2024.05.23 - 2024.05.30
        VIEW MORE

        イベントカレンダー

        VIEW MORE

        今日の用語

        ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
        ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
        VIEW MORE

        Twitterで最新情報を
        チェック!