「ヘブバン」「サイスタ」「エペモバ」など20作がノミネート 。『Google Play ベスト オブ 2022』のユーザー投票を受付中。期間は11/14(月)まで

2022.11.03
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『Google Play ベスト オブ 2022』のユーザー投票を受付中
  • ノミネートされた20作品から選んで投票
  • 投票期間は11月14日(月)まで

Googleは、ゲーム・アプリを表彰する『Google Play ベスト オブ 2022』ユーザー投票を受け付けています。期間は11月14日(月)まで。

本イベントは、2022年に日本で注目されたGoogle Playのゲーム・アプリを表彰するもの。例年通りであれば「ベストゲーム」「ベストアプリ」が決まるほか、複数の部門と賞も用意されています。

ユーザー投票はGoogle Play上から行い、投票によって「ユーザー投票部門」の最優秀賞とトップ5が決まります。なお、2021年の「ユーザー投票部門」の最優秀賞ゲームは『ウマ娘 プリティーダービー』が受賞しています。

2022年のゲームカテゴリにおけるノミネート作品は以下の通り。

  • 『アイドルマスター SideM GROWING STARS』
  • 『アリスフィクション』
  • 『Apex Legends Mobile』
  • 『オリエント·アルカディア』
  • 『グランサガ (Gran Saga)』
  • 『シン・クロニクル』
  • 『空の勇者たち』
  • 『Tower of Fantasy(幻塔)』
  • 『ディアブロ イモータル』
  • 『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚 まおりゅう』
  • 『東方アルカディアレコード』
  • 『ドラゴンクエストけしケシ!』
  • 『鋼の錬金術師 MOBILE』
  • 『Pikmin Bloom』
  • 『BTS Island:インザソム』
  • 『ヘブンバーンズレッド』
  • 『ポンボール』
  • 『遊戯王 マスターデュエル』
  • 『夢職人と忘れじの黒い妖精』
  • 『ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫 (ラグナド)』

各部門の受賞作品の発表は、2022年12月1日(木)を予定しているとのこと。

『Google Play ベスト オブ 2022』のユーザー投票はこちらから行えます。

『Google Play ベスト オブ 2022』ユーザー投票ページ

関連記事

Godot Engine勉強会「Godot Meetup Tokyo Vol.2」、7/26(金)19時から渋谷で開催
2024.07.18
Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!