画像生成技術「NeRF」を使ったiOS向け3Dスキャンアプリ『Luma AI』のベータ版、参加枠を大幅増加。より多くの人が利用できるように

2022.10.21
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 2022年10月13日、『Luma AI』ベータ版の参加枠が大幅増加
  • 画像生成技術「NeRF」を利用したアプリで、iOS端末で簡単に物体を3Dスキャン可能
  • 『Luma AI』ベータ版を利用するには、参加待機リストへの登録が必要

2022年10月13日、Luma AIは、ベータ版の3Dスキャンアプリ『Luma AI』への参加枠を大幅に増加。利用できるユーザーを大幅に増やしたことを発表しました。

『Luma AI』は画像生成技術「NeRF」を利用したiOS向け3Dスキャンアプリ。iPhoneなどで物体を簡単に3Dスキャンできる点を特徴としています。2022年9月21日から参加待機リスト登録者を対象に、ベータ版の配布を始めていました。

『Luma AI』ベータ版を利用するには、Luma AI 参加待機リストへの登録が必要です。Luma AIによれば、参加待機リスト登録者を対象に、1時間ごとに招待メールを送信するとのこと。

『Luma AI』の使用例や詳細は、『Luma AI』公式サイトをご確認ください。

『Luma AI』公式サイト『Luma AI』ベータ版参加待機リスト

関連記事

Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Adobe、「Substance 3D Painter 10」の新機能を公式ブログで紹介。Illustratorとの連携、Python APIによるレイヤースタックの制御など搭載
2024.05.30
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!