Maxonが『Cinema 4D 2023』をリリース。プロシージャル機能の拡張やモデリングの対称機能の進化、新たなシミュレーションなど

2022.09.09
ニュース3DCG
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Maxonが3DCGツール「Cinema 4D」の新バージョン「Cinema 4D 2023」をリリース
  • モデリングでは新機能「対称モデリング」やプロシージャル機能の拡張、シミュレーションでは粘着性やソフトボディなどが追加
  • Maxon Japanではnoteでアップデート内容を紹介しているほか、日本語音声の新機能紹介動画も公開された

2022年9月7日、Maxonは「Maxon 2022の秋のリリース」と題した動画を投稿し、その中でCinema 4Dの最新バージョン「Cinema4D 2023」のリリースを発表しました。

Cinema 4DMaxonの開発している3DCG制作ツールです。文字やイラストに動きをつけられるモーショングラフィックスツール「MoGraph」を内蔵し、Adobeの動画編集ソフト「After Effects」とも連携できることから、映像、広告、ゲーム業界などで幅広く使用されています。

Maxonは提供する製品のバージョンを年号表記に変更しており、Cinema 4Dも今回、S26.1から2023.0.0へのアップデートとなります。

アップデートでは新たなモデリング機能として「対称モデリング」システムが追加され、ばらばらになっていた対称機能が統一されるとともに機能自体も強化されています。

左右の足のポーズなどが異なっていても対称メッシュを選択・変更することが可能に(画像はMaxonの日本公式noteから引用)

「対称化コマンド」によりメッシュを左右対称にすることができる。このコマンドはポーズの反転にも利用することができる(画像はMaxonの日本公式noteから引用)

また、プロシージャルモデリングの機能拡張に加え、シミュレーション機能には粘着性パラメータやソフトボディなどの新たなシミュレーション機能が追加されました。

オブジェクト同士が触れたときにくっつくシミュレーション機能が追加(画像はMaxonの日本公式noteから引用)

左がクロスシミュレーション、右がソフトボディ。ソフトボディは体積が保たれている(画像はMaxonの日本公式noteから引用)

それ以外にもワークフローの改善などさまざまな機能が追加・更新されています。

Maxonの日本公式であるMaxon Japanはnote(モデリング機能/シミュレーション機能/ワークフロー改善)で新たに加わった機能を紹介するとともに、YouTubeに日本語音声の新機能解説動画を投稿しています。

さらに詳しいアップデート情報はCinema 4D 2023.0.0リリースノートをご確認下さい。

『Cinema 4D』公式サイトMaxon 2022の秋のリリースCinema 4D 2023.0.0リリースノート

関連記事

『Blenderジオメトリノードではじめるプロシージャルモデリング』が2023年12月下旬にボーンデジタルより発売
2023.11.23
Autodeskが『Maya 2024.2』をリリース。『Maya 2024』の新機能「LookdevX」の強化に加え、モデルの意図せぬ変形を防ぐ新たなリギングオプションが追加
2023.11.21
フォトグラメトリソフト「RealityCapture」バージョン1.3がリリース。モデルの再構築速度が最大2倍、テクスチャリング速度が最大3倍高速化
2023.11.17
Wonder Studio、「Maya」「Blender」向けの新たなアドオンを導入。3Dモデルデータの互換性をローカル環境で検証
2023.11.17
Blender 4.0がリリース。ライトを当てるオブジェクトを選択できる「Light Linking」や、ジオメトリノードを使ってオリジナルツールを作れる「Node Tools」が導入
2023.11.15
Houdiniの最新バージョン『Houdini 20』がリリース。物理ベースのモーション生成に対応したほか、アンリアルエンジンでHDAを扱う新たな方法が導入
2023.11.10

注目記事ランキング

2023.11.26 - 2023.12.03
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
11
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
13
フォートナイトとUEFNがv27.10にアップデート。プレイヤーに与える武器のマガジン内に入っている初期弾薬量を設定するオプションが追加
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
16
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
17
日産自動車、UEFNで作られたマップ『Electrify the World』を期間限定公開。EVコンセプトカーが登場する世界を楽しめる
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
23
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
24
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
25
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
30
フォートナイトとUEFNがv27.00にアップデート。インタラクティブミュージックも実装できる音楽制作ツールセット「Patchwork」が導入された
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

リグ(Rig)
リグ 3Dモデルを動かす場合に、すべてのボーンを編集するのではなく、少ない編集箇所で直感的に動作などを付けるために作られたコントローラーやコントロールする仕組み。 またスケルトン自身をリグと呼ぶ場合もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!