VRoid Studioを通じてメタバース向けファッションアイテムを無料配布する創作応援プロジェクト「CLCT」がスタート。第一弾は「学園生活」がコンセプト

2022.07.12
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • メタバース向けファッションアイテムの無料配布による創作応援プロジェクト「CLCT」がスタート
  • 「VRoid Studio」を通して配布。アイテムを利用して制作した3Dモデルは他のアプリケーションでも利用可能
  • 7つのテーマ、100種以上のアイテムが配布予定。第一弾のテーマは「学園生活」

ピクシブ株式会社は、メタバース向けファッションアイテムを無料配布する創作応援プロジェクト「CLCT」をスタートさせたことを発表しました。
「CLCT」は3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」を通して、クリエイターが自由に改変可能なメタバース向けファッションアイテムを全世界に無料配布してクリエイターを応援するというプロジェクトです。

第一弾は「学園生活」をコンセプトに、制服ブレザーやリボンなど、29種類のファッションアイテムと5種類のヘアアイテムが配布されます。各アイテム複数のカラーが用意され、中でもネクタイは赤・緑・青などクリエイターの好みに応じて色を変更することができます。

以下、配布アイテムの一覧になります。

制服ブレザーやリボン、ネクタイ、カーディガンなど、29種類のファッションアイテムを配布。

5種類のヘアアイテムを配布。

「CLCT for SCHOOL」のプロモーション映像。

「CLCT」プロジェクトは、2022年内にテーマ別に展開する7つのコレクションによって、計100種類以上のファッションアイテムを無料配布するとのことです。

「CLCT」の展開アイテムを入手するには「VRoid Studio」をダウンロードする必要があります。「CLCT」のアイテムなどを利用して「VRoid Studio」で制作した3Dモデルは、VRM形式でエクスポートすることで、メタバースやゲームなど対応アプリケーションでのアバターとしての利用や、アプリケーション開発への組み込みなど、企業/個人、商用/非商用を問わず、さまざまな用途での活用が可能となっています。

「CLCT」の詳細情報は、VRoid公式ページの記事をご覧ください。

「CLCT」第一弾「SCHOOL」リリース告知記事ページVRoid Studio 公式サイトプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾、以下ピクシブ)は、2022年7月7日(木)より、3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」を通して、クリエイターが自由に改変可能なメタバース向けファッションアイテムを全世界に無料配布する創作応援プロジェクト「CLCT」をスタートします。

アイテムがダウンロードできる「VRoid Studio」はこちら: https://vroid.com/studio

「CLCT(コレクト)」は、メタバースと3Dアバターモデルの世界的な需要の高まりを受け、これから新たに3D創作に挑戦する全世界のクリエイターを応援するためにスタートしたプロジェクトです。

CLCTの展開アイテムは、今夏で4周年を迎える3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」を通して、全てのアイテムが無料で配布されます。配布アイテムを活用して作成した3Dモデルは、メタバース内でアバターとして利用したり、ゲームやアプリケーション開発に組み込むなど、企業/個人、商用/非商用を問わず、さまざまな用途に活用できます。

本プロジェクトは2022年内にテーマ別に展開する7つのコレクションによって、計100種類以上のファッションアイテムを無料配布する予定です。

第一弾となる今回のテーマは「SCHOOL」。
アニメ・漫画作品において人気テーマのひとつである「学園生活」をコンセプトに、制服ブレザーやリボン、ネクタイ、カーディガンなど、29種類のファッションアイテムと5種類のヘアアイテムを配布いたします。
各アイテム複数のカラーを用意していますが、中でもネクタイは赤・緑・青など多様なカラー展開でお好みに応じてお選びいただけます。

VRoid Studioを通してあなただけのオリジナルアバターを作成して、メタバース世界のファッションをお楽しみください。

<「CLCT for SCHOOL」プロモーション映像>

<配布アイテム一覧>

<キービジュアルイラスト>

イラスト:フライ

<VRoid Studioとは>

VRoid Studioは、ピクシブ株式会社が開発・提供する、人型アバター(キャラクター)の3Dモデル作成のためのWindows・Mac用のアプリケーションです。誰でも無料で利用できるキャラクターメイカーで、モデリングの知識がなくても、直感的な操作で本格的な3Dモデルを作ることができます。

今夏4周年を迎えたVRoidプロジェクトでは、誰もが個性豊かな自分のキャラクターを持ち、そのキャラクターを他者とのコミュニケーションや創作活動に活用できる「1人1アバター」の世界の実現を目指しています。今後も、3Dキャラクターを利用したコンテンツをより多くの方に楽しんでいただけるよう、さまざまなサービスを提供してまいります。

【名称】VRoid Studio
【対応機種】Windows / Mac
【ダウンロードページ】
公式サイト https://vroid.com/studio
公式Steam https://store.steampowered.com/app/1486350/VRoid_Studio_v0140/?l=japanese

【モデルデータの利用について】
制作したモデルデータはエクスポートし、個人・企業、商用・非商用問わず各種3Dアプリケーションや他3Dモデリングソフトでご利用いただけます。
※ライセンス条件の上でご利用が可能です。詳しくはこちらのガイドラインをご覧ください。 https://vroid.com/studio/guidelines

■ピクシブ株式会社 https://www.pixiv.co.jp
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日
お問い合わせ:村松・高橋
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

関連記事

Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる
2024.04.12
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
参加費無料、ボドゲでゼロからゲーム制作体験ができる!5月25日開催『2時間でアナログゲームを完成させる!?初心者歓迎ワークショップ』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
参加費無料、未経験でも簡単な3Dアクションゲームが作れる!5月25日開催『初心者歓迎!UE5&Blenderハンズオン』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
『グランブルーファンタジー』の、100万行を超える大規模なシステム再構築ノウハウを補足解説。「Developers Summit 2024」で行われた講演のフォローアップ記事をサイゲームスが公開
2024.04.11
「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい
2024.04.11

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!