前回開催で1,500万回超の視聴数を獲得した『INDIE Live Expo Winter 2022』が12/3(土)、12/4(日)に開催決定、インディゲームに注目した情報番組

2022.06.28
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • INDIE Live Expo Winter 2022が2022年12月3日(土)、4日(日)に開催決定
  • インディゲームの最新情報を紹介する情報番組
  • 前回開催のINDIE Live Expo 2022は1,500万回超の視聴数を獲得

2022年6月27日、INDIE Live Expo実行委員会が『INDIE Live Expo Winter 2022』を開催することを発表しました。開催日程は2022年12月3日(土)、4日(日)の2日間。また、この発表に併せて前回の配信が1,500万回再生を達成したことも告知されました。

INDIE Live Expoは、インディゲームの最新情報を紹介するための情報番組です。世界初公開情報など注目のインディゲームの最新情報を紹介する「INDIE Live Premiere」、2021年10月~2022年9月末の間にリリースされたタイトルを対象に優れたインディゲームを表彰する「INDIE Live Expo Awards」など、次回もさまざまな企画を用意しているとのこと。

本イベントでは毎回ゲームタイトルの出展募集が行われており、前回は488ものタイトルが紹介されました。多くのプレイヤーに自身のゲームタイトルを認知してもらえる機会となりますので、募集要項が明らかになった際には改めて記事化を行います。

INDIE Live Expo 公式サイトプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


 

INDIE Live Expo実行委員会より、2022年5月21日(土)、22日(日)に開催しました、世界最大級のインディゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2022」が、全世界1,500万超の視聴数を達成したことをお知らせします。次回「INDIE Live Expo Winter 2022 」は2022年12月3日(土)、4日(日)の二日間開催を予定しています。

本イベント会期中には数多くのコメントが寄せられ、各国のストリーマー/メディアパートナーによる応援放送も実施。国内外のWebメディアにおいても「INDIE Live Expo 2022」を記事として取り上げていただき、番組内で紹介したタイトルの情報が速報として掲載されるなど、大きな反響をいただきました。

  • 全世界合計1,500万回超の視聴数を達成!

二日間に渡って、日本語・中国語・英語の3言語の公式配信プラットフォーム(YouTube Live、Twitch、Twitter Live、ニコニコ生放送、bilibili、Steam)にて開催された本イベントは、前回を上回る1,500万回超の視聴数を達成しました。

視聴数は過去最大を記録し、配信中に投稿された各プラットフォームでのチャット/コメントの総数は4万件以上と盛況を博しました。

また、Twitterでのハッシュタグ「#INDIELiveExpo」への投稿は、放送日の二日間で8,000件を超え、視聴者側からは出演者への応援や、紹介タイトル、番組への感想などが投稿され、開発者側からは「開発のモチベーションになった」との声が上がるなど、広く話題となりました。

  • 「INDIE Live Expo Winter 2022 」開催決定!

タイトルロゴと共に発表となりました「INDIE Live Expo Winter 2022」は、2022年12月3日(土)、12月4日(日)の二日間開催を予定しています。
世界初公開情報を含む、注目のインディゲーム最新情報をご紹介する、毎回恒例の「INDIE Live Premiere」をはじめとして、2021年10月~2022年9月末の間にリリースされたタイトルを対象に、優れたインディゲームを表彰する「INDIE Live Expo Awards」など、次回も様々な企画を用意し、インディゲームを愛する皆様にお楽しみいただける番組をお届けします。

■開催概要
会期:2022年12月3日(土)、12月4日(日)開催予定
主催:INDIE Live Expo実行委員会
共催:株式会社リュウズオフィス

その他最新情報については、公式サイト、Twitter、Weiboアカウントをご覧ください。

公式Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo
公式Twitter(英語版):https://twitter.com/INDIELiveExpoEN
公式Weibo:https://weibo.com/p/1005057525247185

  • 「INDIE Live Expo Letter」購読者募集中

INDIE Live Expo実行委員会は、個人クリエイター、ディベロッパー、パブリッシャー向けにゲームの宣伝と開発に役立つ情報をお届けするメールマガジン「INDIE Live Expo Letter」を刊行しています。「INDIE Live Expo 2022」のデータをまとめたレポートも送付を予定していますので、ご興味を持たれましたら、この機会にぜひメールマガジンへご登録ください。

 

◆「INDIE Live Expo Letter」ご登録はこちら:
https://indie.live-expo.games/contact/magazine/

  • INDIE Live Expoとは

インディゲームの最新情報を紹介するための情報番組です。
日本語・中国語・英語で放送を行い、これまでに5,750万以上の視聴数を獲得、1,550タイトル以上のゲームを紹介しました。
世界中のインディゲームファンが注目する生放送イベントです。

主催:INDIE Live Expo実行委員会
共催:株式会社リュウズオフィス
協力:PLAYISM(株式会社アクティブゲーミングメディア)

 

INDIE Live Expo実行委員会について
「インディゲーム」を多くのユーザーに知ってもらう場を作るための任意団体です。
「ゲームへの貢献」をテーマにマーケティングソリューションを提供する株式会社リュウズオフィスによりINDIE Live Expo実行を目的として設立されました。

共催・事務局:株式会社リュウズオフィス
「ゲームを作る以外のあらゆるマーケティングサービスを」をモットーに、PC・スマートフォン・コンソールという主要ゲーム市場に向けた、マーケティングソリューションのプロフェッショナル集団。
生放送を重要なプロモーション施策のひとつとして位置づけ、番組企画・プロデュースに注力。数多くのゲーム生放送制作実績を持つ。
https://ryusoffice.co.jp

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18
インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第4期がスタート。選出された6チームやiGi特別賞が発表される
2024.04.17

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!